POST-PRODUCTION CENTER 1

世界最高水準のポストプロダクションスタジオが誕生


「ポストプロダクションセンター1」は完全デジタル対応。
すべての作業をフルデジタルでおこなっていただけます。「ポストプロダクションセンター2」は、フィルムからデジタルへの移行の大転換期の中で、デジタルだけでなく、 フィルムにも対応するハイブリッド型。ポジ編・ネガ編からフィルムダビングまで多様なフォーマットで作業して頂けます。光学リレコももちろん健在です。
画と音が自由自在に出会う。そこは全く新しい創造空間。

特徴としては、2つありまして、1つ目は、ネットワーク。
東宝スタジオでは、撮影ステージとスタッフルーム、ポストプロダクションセンターが光ファイバーで結ばれています。
さらに外部にも広げてくれるのが、「画像ネットワーク」。東京現像所、IMAGICA、オムニバスジャパン…主なポストプロダクションは高速回線で結ばれています。映像合成作業はますます複雑になっていますが、現像所、CGハウスの選択は製作者の自由です。そしてどこを選ばれても、ストレスのない環境を高速ネットワーク網がご提供します。
監督やCGクリエイターが、スタジオとCGハウスの間を行き来する必要はありません。
「ラボから送られたデータを編集する」「CGハウスから送られたデータを大きなスクリーンで拡大試写する」。
高速ネットワーク網を張り巡らせることで、ポストプロダクションセンター1ではラボやCGハウスが隣にあるのと同じ環境が実現しました。

世界最高水準の音響空間
ポストプロダクションセンター1のもうひとつの特徴、それが音響。
ダビングステージ、アフレコステージ、フォーリーステージ、試写室…映画の音について考え抜いた、世界有数の「音響ポストプロダクションスタジオ」です。
特に映画用ダビングステージを建物から作り上げたのは、日本では50年振り。今までのダビングステージは、モノラル音響時代に建てた建物。機材はマルチチャンネルになっても、「空間」はモノラル時代のままでした。
しかし、ステレオ、5.1チャンネル、7.1チャンネルと、映画音響は進歩し続けています。機材だけでなく、「箱」からマルチチャンネルに対応したスタジオが望まれていたのです。
ダビングステージ1は最初からマルチチャンネルを前提として設計され、基礎から施工された日本で始めてのダビングステージです。
基礎設計にはワーナーブラザーススタジオが全面協力。目指したのは「監督・ミキサー・プロデューサーが最高の音と映像で作業できる環境」。一般劇場を大きく上回る遮音性能・音響再現性能を追求しました。
音響設計したのはチャールズ・M・ソルター・アソシエイツ。ワーナーブラザース、20世紀フォックス、ディズニー・ピクチャーズ・スタジオ、パラマウント・ピクチャーズ、ピクサー、ドリームワークス…ハリウッドのほとんどのメジャースタジオを手がけるスペシャリストです。こうして世界のトップレベルの「音響空間」が登場したのです。


作品の完成に向かって、映像と音が融合する、最終工程のポストプロダクション。東宝スタジオの新しいポストプロダクションセンターは、自由自在なネットワーク機能と、世界最高レベルの音響設計によって、日本映画の仕上げ作業を大きく前進させるとともに、皆様の作品のクオリティアップに貢献します。
ポストプロダクションセンター 館内地図